キャンセル不可?LCCの海外航空券で払い戻しを受ける方法

05PHBT13

[LCCの海外航空券はキャンセル不可?]
格安な料金が売りであるLCCの海外航空券は「キャンセル出来ない」という考え方が一般的です。しかし実際にはキャンセル可能な航空券もあります。
それはどのような航空券なのでしょうか。

[オプションが鍵]
LCCの場合、キャンセルについて鍵となるのが購入時に付けるオプションです。
オプションというと機内食やブランケットなどのレンタルをイメージしがちですが、運賃タイプを選ぶことも可能で、これが実質的なオプションとなっている航空会社が複数あります。
これを付加することでチェックイン前であれば何かしらの払い戻しを受けることが出来るのです。

[即金では戻らない可能性も]
但しLCCの場合は現金による払い戻しを行っていないところがほとんどです。
クレジットカードでの支払いならクレジットカードに、その他の方法ならば口座振り込みになるのが一般的です。そのため手続きから着金までに時間がかかります。
特にクレジットカードの場合は反映されるまでに時間を要するため、払い戻しに2・3か月かかってしまうこともあります。

[不幸や病気によるキャンセルに応対]
LCCの中には身内の不幸や自身の病気によるキャンセルの場合に特別な措置をとっているところもあります。
やむを得ない事情に配慮してくれる面もあるのです。
しかし簡単に利用出来るとなると悪用する人が現れます。そこで公的な証明書や診断書などの提出を求められます。
また適用される期限も定められています。当日は連絡出来ないままキャンセルとなってしまった場合でも諦めずに各航空会社に問い合わせてみましょう。

[バニラエアの場合]
では2社を例に、キャンセルについて具体的に見て行きましょう。
まず日本のLCC、バニラエアには3つの運賃タイプがあり、そのなかの「コミコミバニラ」ならば払い戻しを受けることが可能になります。
更に荷物が20kgまで無料になり、便や日付の変更も僅かな手数料で出来るというメリットもあります。キャンセルの手続きはHPか予約センター、空港カウンターの3か所となります。

[ジェットスターの場合]
ジェットスターは「しっかりMax」が該当します。荷物が30kgまで無料となり、機内食がセット、提携航空会社のマイルやポイントを利用することも出来ます。
更にビジネスクラスならば空港ラウンジが利用出来て機内サービスも更に充実します。キャンセル方法はコールセンターの電話受付のみです。

[各社の違いに注目]
LCC海外格安航空券のキャンセルについてはこのように各社様々な対応をとっています。
オプションを付ければ安さのメリットはなくなりますが、別のメリットもあるので一概に損だとは言えません。
またオプションではない対応を行っている会社もあります。
各社のキャンセル対応の違いにも注目しながら海外飛行機航空券を選んではいかがでしょか。

海外から戻る便が欠航したらどうする?

[現地は好天でも欠航になることはある]
海外から帰国する際、必ずしも予定通りに帰国出来るとは限りません。欠航になることもあるからです。
現地が好天だとピンとこないかもしれませんが、到着地が悪天候で欠航になることもあります。そんな万が一の時にはどうしたら良いのでしょうか。

[まずは状況を見極めて次の行動を決める]
欠航を知るのはまだホテルにいる時かもしれませんし、すでに空港に到着している時かもしれません。急な出来事にパニックになったり、予定通りに行かないことに怒りを覚えたりするかもしれませんが、まずは状況を見極めて何をすべきか判断しましょう。
ホテルにいるならばまずネットニュースや航空会社のHPで天候と運行状況を確認し、場合によっては延泊の手続きを取ります。
空港に到着しているならばカウンターで状況確認と今後の対応について確認する方が早いかもしれません。

[ツアーならツアー会社に確認を]
海外の空港では言葉の通じるスタッフがいなくて困ってしまう人もいるかと思います。そんな時はツアーを利用しているならば迷わずツアー会社に問い合わせしてみましょう。代わって全てを手配してくれるかもしれません。
しかしカウンターが混雑していて、ツアー会社とも連絡が取れない、あるいは個人で手配をした、そんな場合はネットを使うのが便利です。
振り替えの手配もスムーズで、言葉がわからなくても翻訳機能で対応することが可能だからです。カウンターに並ぶストレスがない分、遅延による心身の疲れも少なく抑えることが出来ます。

[LCCは原則自社便での対応]
LCCの海外航空券の場合、キャンセル時の対応は原則的に自社便での振り替え対応となります。この場合、直近の便に空きがあれば良いのですが、空席がない場合にはかなりの遅れとなってしまいます。場合によっては他の航空会社を利用することも検討しなければならないでしょう。
しかしこのキャンセルについての払い戻しはありません。このような事態を想定した上での“格安航空券”だということを理解した上で利用しましょう。

[いつでも最悪の事態に備えておく]
欠航はいつ起きるかわかりません。「後は帰るだけ」そんな気持ちで現金を使い切ってしまうと欠航時の食事代に困ったり、帰国のための選択を狭めてしまったりすることもあります。海外ではいつでも最悪の事態に備えておくようにしましょう。

海外航空券はいつまでキャンセル可能?

[キャンセルは当日でも可能]
海外航空券を予約・購入していても個々の事情によってキャンセルしなければならなくなることもあります。ではいつまでキャンセルが可能なのでしょうか。
キャンセルについては航空会社によって対応の異なる点はありますが、基本的には当日でも可能です。
つまり連絡をせずに搭乗しないよりも取り消しの連絡を入れた方が良いのです。

[手数料に注意]
航空券をキャンセルして払い戻しをする場合には手数料が必要となります。航空会社や海外航空券を手配した旅行代理店によって必要となる手数料は異なりますが、手数料を設けていないところはまずありません。どのタイミングでいくらの手数料が必要になるかは大まかで良いので確認しておきましょう。
手元に戻る金額が大きく変わるからです。海外航空券は金額も大きいため、タイミングによって手元に戻る金額にも大きな差がが出てきます。

[航空券の種類によって異なる対応]
航空券は航空会社から直で買った場合と代理店を経由した場合、このどちらであっても航空券の種類によって払い戻し時の対応が変わります。
航空券には割引などを行っていない普通運賃航空券、各社で割引やセールの対象としたPEX航空券、格安航空券、この3つに分類することが出来ます。
格安航空券を除く2種については発券前(予約だけ済ませていて入金する前の段階)の場合は無料での払い戻しや振り替えといった手続きを行ってくれるケースが少なくありません。しかし発券後には出発までの期間によって相当額の手数料が必要となります。

[LCCはキャンセル無しを前提に]
LCCに代表される海外格安航空券の場合は出発までにかなりの期間があっても手数料が高くなっています。割高に感じるため納得出来ないという人もいますが、出来るだけ空席を作らないことで格安にしているという側面もあります。キャンセル無しで利用出来ることを大前提として利用するようにしたいものです。

[リスクの少ない計画を立てよう]
海外航空券のキャンセルはその航空券の種類に応じて手数料が必要となり、それらは決して安いものではありません。渡航計画はキャンセルのリスクが少ないものを立てましょう。そしてキャンセルせざるを得ない場合は迅速に連絡することが大切です。また航空券の種類に関わらず「払い戻し不可航空券」もあります。予約・購入の際にはこの点の確認も忘れずに行いましょう。

欠航による出発便キャンセルが起きたらどうなるの?

[日本が好天でも欠航になることがある]
海外航空券を手に入れ後は出発を待つのみ、そんな時に予約しておいた便が欠航になってしまうということもあります。
欠航となる理由は天候によるものが多くなりますが、海外航空券の場合は日本の天気だけでなく到着地の天候にも左右されます。
そのような事態もあり得るということを念頭に置いて準備しておきましょう。

[念のための事前確認を怠らない]
旅行会社のツアーを利用している場合、大抵はキャンセルについて判明した時点で連絡を貰えるようになっています。
旅行会社が航空会社への確認を代わりに行ってくれているからです。自宅を出発する前に知っていれば運行状況を確認したり、予定そのものを見直したりと不用意に無駄な時間を過ごさずに済みます。
しかし個人旅行の場合はもちろん、タイミングによってはツアーでもそのような連絡は入りません。天候や空港の状況、運航状態は出発する前に自ら確認するようにしましょう。

[空港に着いてから急きょ欠航ということも]
空港に到着してから欠航が決まることもあります。欠航によるキャンセルについては全額返金や便の振り替え等で対応してくれますが、それによって被る損害、例えばホテルのキャンセル料や予定変更に伴う出費等は補償してくれません。
振り替え便では日程に無理があり予定そのものを諦めなければならないような事態でも、天候が理由の場合は航空会社に責任がないからです。
特にLCCの場合は天候による影響を受けやすく、他の航空会社が運航していても欠航にせざるを得ないようなケースも出てきます。
振り替え便になっても問題ないような、余裕のあるスケジュールを組んでおきたいものです。

[代替案を検討する]
欠航になってしまった時、その事に怒ったりイライラしたりしていても良い事は何も1つありません。
それよりも次に何をすれば少しでも良い結果になるのかを考えてみましょう。
そこで検討したいのが代替案です。振り替え便になった時にどのようなスケジュールが組めるのか、思い切って海外航空券をキャンセルして国内旅行に切り替えた方が良いのか、このように代替案を検討するのです。航空会社や旅行会社によって対応方法が変わるので、各社の対応方法を確認した上で次のアクションに移りましょう。

[気持ちを早く切り替えて有意義な時間を]
海外航空券は国内航空券よりも天候の影響を受けやすく、便が欠航になる可能性も高まります。しかもそれが出発便となると落胆も大きなものになるでしょう。
それでも時には諦めも肝心です。海外に行く機会が増えればいつかは経験するのです。
そう考えを切り替えて少しでも有意義な時間を過ごして下さい。

思い込みは危険!代理店経由によるキャンセル料金

[各代理店によって異なるルール]
海外航空券を予約・購入した際、キャンセルについての規約を確認したことがありますか?通常は購入の度に説明されるものですが、ネット経由だとついそれらの文言を飛ばして確認を済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし航空会社毎に違うのはもちろんのこと、代理店経由で購入した時にもそれぞれ会社毎に異なるルールが適用されます。

[基本は各航空会社に準ずるルールを適用]
代理店経由で予約・購入した際は、大元となる各航空会社のルールとは別に各代理店で設けているルールに従わなければなりません。
基本的には各代理店も航空会社のルールに準ずる形でキャンセルについての規約を設けています。しかし代理店の扱う航空会社は数も多く、航空券も様々です。
それら航空券が変わる度に異なるルールを適用させるわけにはいきません。各航空会社に準ずる形をとった上で独自のルールを設けているというのが現状です。

[キャンセル手数料が高くなるタイミング]
キャンセルの手続きをしたい場合は「発券前」「発券後」によって必要となる手数料が大きく変わります。これは代理店経由の時も同じです。しかも代理店の多くは入金直後に発券を行っています。つまり代理店経由の場合は入金を済ませると即座にキャンセル手数料が跳ね上がるというわけです。
「代理店経由なら出発までの期間が長ければ手数料もたかが知れている」そんな思い込みをしていませんか?
航空会社は代理店に対してキャンセルについての優遇措置はとっていないのです。

[別途請求・上乗せされる手数料]
代理店経由で海外航空券を購入した場合は、それをキャンセルする手続きも代理店に依頼しなければならないケースがほとんどです。通常ならば自らが航空会社に連絡・手続きしてもらうものを代理で行ってもらうのですから、その分の手間代が手数料として上乗せされることになります。
この手間代は航空券を手配した際の手配代金に含まれている場合もありますが、どちらにせよ手数料が上乗せされていることに違いはありません。
代理店を経由するということは、どんな手続きでも手間代を取られているということを忘れないでおきましょう。

[思い込みで判断しない]
代理店経由での手続きは会社毎にルールが異なります。キャンセルについても同じです。
「あの時は○○だったから」というような思い込みで行動するのではなく、海外航空券を予約・購入するたびに確認するようにしましょう。
そのひと手間が手数料を少しでも安く抑える鍵となります。